アフィリエイトブログ記事

検索1位のサイトの責任・葛藤・決意

Pocket

※この記事は2分で読めます

 

先日、僕の運営するサイトが「酵素ドリンク」で自然検索結果の1位になりました。

そして、今このタイミングでしか書けないことがあるなと思い、久しぶりにブログを書くことにしました。

 

当然ですが、1位にいると2位や3位の時よりも多くのアクセスが集まり、よく売れるようになります。

特に今はペンギン4.0や手動ペナの影響で、「酵素ドリンク」の検索結果1ページ目も2ページ目にもアフィリサイトがほとんど無く、よりユーザーに注目されやすい状態にあると言えます。

そうなると、正直言ってものすごい責任感を感じます。

毎日たくさんの方が「酵素ドリンク」と検索し、僕のサイトに訪れ、心を動かされ、1位でおすすめしている商品を購入していくわけです。その方々の人生に少し影響を与えているわけです。

それに決して安い商品ではありません。それこそ「思い切って」購入される方もいらっしゃると思います。

 

実際に僕自身が毎日飲んでいて、これは良いと思って紹介しているので、何も後ろめたい思いはありません。

販売している会社の方(広告主さん)とも何度かお会いして、その商品の良さとか商品にかける思いを直接聞いているので尚更です。

しかし、酵素ドリンクや酵素ダイエットに批判的な記事があることも承知しています。「酵素ダイエット」で検索すると2つほど見つかります。

かなり理論武装して書かれてある記事を見かけることもあり、今の僕の頭・知識では論破するのは難しいなと思ったり。

 

そういった批判記事を目にして僕の心は少なからず揺れました。

でも、よくよく冷静になって考えてみると、みんなそれぞれの立場でそれぞれの正義を主張しているに過ぎないなと思うに至りました。

 

誰かが良いと思った物でも、「それは◯◯で△△だからやめた方がいい!」と言ってくる人はいます。

誰からも批判をされない完璧に良い物など世の中にはありません。

 

だから結局のところ、僕は自分が「これは良い!」と思った物を、最大限その良さを伝えて販売のお手伝いをしていくだけだなと。

実際に手にした人にしかその商品の本当の良さも悪さも分かりません。

あの人はあんなことを言っている。確かにそういう側面もある。だけど実際に飲んで体験してみた僕はこう思う。

そんな自分自身の主観も大事にして、今後もアフィリエイトをやっていこうと思った次第です。

その結果として、訪問者さん・広告主さん・ASPさんの役に立つことができるなら、本当に喜ばしいことです。胸を張ってできる仕事だと思っています。

 

検索結果は流動的です。今なにかと話題のwelqさんも、酵素ドリンクでグングン順位を上げています。いつ僕のサイトが1位から陥落してもおかしくありません。

 

1位にいる今こそ、1位にいる自分だからこそ、このことを書きたいと思いました。

関連記事

  1. アフィリエイトブログ記事

    Googleのアップデートで酵素ドリンクのアフィ終了

    5ヶ月振りの更新です。ブログの書き方も忘れてしまいましたが、簡単に近況…

  2. 行ってきた

    熊本へ行ってお金を使ってきた。熊本市内と南阿蘇村・白川水源へ。

    年末年始・GW・お盆など、年に3回は妻の実家に行っています。今回も家族…

  3. アフィリエイトブログ記事

    パワートラベラー実践会のシェア会(大阪)に参加してきた

    パワートラベラー実践会は、世界中を飛び回る阪口ゆうきさんが運営するサロ…

  4. 雑感

    A8コレクション(ハチコレ)に行って気付いた、人間としてとても重要なこと。

    もう一ヶ月半も前の話なので今更感がありますが、4月19日に大阪で行われ…

  5. アフィリエイトブログ記事

    私の仕事環境・一日のスケジュール・仕事内容

    今回は主に私の仕事環境についてざっくりと書いてみたいと思います。仕…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の5記事

  1. アフィリエイトブログ記事

    A8フェスティバル2013に参加してきました。
  2. アフィリエイト実践・ノウハウ

    酵素ドリンク奮闘記Vol.02 「うまくいかない」
  3. アフィリエイトブログ記事

    篠原塾2期が始まりました。
  4. アフィリエイトブログ記事

    A8サイトコンテスト2015の表彰式に参加してきました。
  5. 行ってきた

    名古屋へ出張に行った話。撮影と会食と豪華なホテル、そして雲の上の異空間。
PAGE TOP