ベジマス(農業)

2015年春夏の農作業を振り返る。『農作業』から『農業』へと進み始めた夏でした。

Pocket

こんにちは。数ヶ月に一回ブログを書いています。

ブログを一生懸命書くつもりだったのですが、前回のエントリーの跡に農作業がめっちゃ楽しくなってしまい、そっちに自分の資源を集中させていました。

さて、今年は3月下旬から畑に出始めたのですが、この5ヶ月間をどのように畑と、そして野菜と向き合ってきたのかを書いてみたいと思います。

 

3月

3月20日、久々に地元の種屋さんに行ってみると、種イモやキャベツの苗などが売っていました。もうシーズンが始まったんだなと感じた瞬間でした。

20150827_02

この時畑には白菜とキャベツの残りが少しある程度で、その他は春の雑草に覆われています。

20150827_03

実はこの時期あまり体の調子が良くなくて、昼間寝込むことが多かったんです。でも農作業を始めた途端に調子が良くなったのを覚えています。

畑はもはや自分にとってライフワークであり、体に染み付いているのかもしれません。

20150827_04

畑の一角に昨年10月頃に植えたニンニクがありました。この日はその部分の草取りをして、30分程度で農作業は終わり。

20150827_05

土を掘り起こしているうちにカエルを冬眠から起こしてしまったようでした。

4月

畑には春の雑草・『ひめおどりこそう』が生い茂っていました。僕の好きな雑草の一つです。

20150827_83

本格的に農作業を開始したいと思う一方で、一つ問題がありました。耕運機が無いため、人力で耕していくのが非常にしんどいということ。ジャガイモを植えるための耕作作業がなかなか進みません。耕運機を買うか否か、迷っていました。

20150827_08

ある時家のすぐ近くを散歩していると、耕作放棄されていると思われる畑を見付けました。ロケーションが良いですし、広さも調度いい。「ここ良くね?」と自分に問いかけていました。

当時使っていた畑は車で5分程度の場所なのですが、自宅近くにあれば良いなと思っていたところでした。

20150827_09

そのままその畑の近くにある家を訪ねて、畑の地主さんが誰なのかを聞き込みしました。僕は人見知りのはずなんですが、何故かこの時はどんどん行けちゃいました。

20150827_10

地主さんのお宅が分かった後、しばらく作戦を練っていました。そして調度いいタイミングで町内会の清掃作業があり、そこでお会いしたおじいちゃんに仲介を頼んでみたところ、なんとその日のうちに貸して頂ける運びとなりました。

そして翌日畑を見に行くと、トラクターで綺麗に耕されていました。マジか!!

この時ばかりは町内会うぜーとか思っていた自分を反省しました。

そんなわけで、4月中旬に自宅近くで農作業をやっていく準備が整ったのでした。左上の黄色い家が自宅です。↓

20150827_11

同じタイミングで耕運機も購入しました。勇気ある決断でしたが、この決断は間違っていなかったと今これを書きながら強く感じています。

20150827_12

4月22日、無事にジャガイモを植えることができました。4月中旬には終えておきたい作業なので、ギリギリ間に合った感じです。このジャガイモが後で僕に大きな変化をもたらしてくれることになります。

20150827_14

畑の近くは息子達を連れて散歩に行くにはとても良い環境です。用水路で魚やザリガニが泳いでいることもありますし、バッタやカエル、カマキリなどもよく見かけます。

20150827_15

この時期の宮城はまだ暑くないので、歩いているととても気分が良いです。

レタスの苗を植える作業を長男にも手伝わせてみました。写真を撮った後に気付いたのですが、軍手が逆になっているんです。すべり止めのゴムが内側だということをまだ知らないようですw

20150827_16

 

5月

GW明け、家の裏の田んぼでは田植えがほとんど終わっていました。

20150827_33

僕はこの時期から農作業が忙しくなります。たくさん苗を植えましたし、たくさん種を蒔きました。植えた苗はナス・ピーマン・ミニトマトが多いです。

20150827_19

大根やトウモロコシの種もこの時期にたくさん蒔き始めました。トウモロコシは例年以上にたくさん蒔きました。これが後で結構活躍してくれました。こちらは大根が発芽したところ↓

20150827_20

自然農法を教えて頂いている知人と竹を採りに行き、それを支柱として一部活用しています。支柱を全部竹にできたらホームセンターで買ってこなくても済むのですが、それは来年挑戦してみます。

20150827_27

5月も後半になると植えた苗がだいぶ生長していました。こうして草を被せてあげることで湿気を保ち、ふかふかで微生物の多い土壌となります。

20150827_28

手前半分はジャガイモです↓ だいぶ畑らしくなってきました。

20150827_29

この畑での一番最初の収穫は小松菜のベビーリーフでした。小さいうちはまだ柔らかく、生で食べるととっても美味しいんです。ベビーリーフはあまり近所のスーパーで見ないので、ちょっとした贅沢です。

20150827_30

 

6月

この畑での最初の試練は雑草でした。ギシギシという雑草が畑全体に点在し、作物の生長を妨げてしまいます。草を刈っただけでは意味がなく、根っこから取り除かないとすぐに生えてきてしまいます。

20150827_34

スコップで1つ1つ掘り起こし、根っこを残さないように取り除いていきました。最終的にゴミ袋5~6袋分くらいになりました。

20150827_35

ジャガイモの生長によってだいぶ畑も緑が濃くなりました。最初は緑が一切なくて砂漠みたいな状態でしたから。

20150827_36

6月中旬位になると少しずつナスやピーマンが採れ始めました。この辺りから少しずつ食卓を豊かにしてくれるようになります。

20150827_37

作物が育つということは雑草も育つということであり、その処理には労力が必要です。自然農法である程度草が伸びていても良いのですが、地主さんが近くに住んでいるとなるとそうもいきません。

20150827_39

草刈機で表面を削っていったり、時には耕運機で表面を軽く掘り起こして、雑草の処理をしていきます。農業は雑草との付き合いが一番大変だと感じています。

この時期採れたレタス↓ レタス好きの母にあげました。

20150827_40

家の裏の田んぼでも順調に稲が育っているようで、稲と稲の隙間が徐々に狭くなってきました。

20150827_41

6月終わりに『インカのめざめ』というジャガイモを試し掘りしてみました。ちょっと小ぶりなんですが、この品種は小ぶりな方がホクホクしてて美味いです。

20150827_42

ホウレンソウも収穫できました。我が家での消費量の多い野菜を採ってくると、妻に喜ばれます。逆にあまり使わない野菜を持ってくると、微妙な顔をされますw

20150827_44

 

7月

この頃になると稲がビッシリと田んぼを埋め尽くすようになります。

20150827_46

畑は本格的に畑らしくなっています。概ねどの作物も上手く育ってくれました。

20150827_47

色とりどりの野菜。この辺りから食べきれないほどの収穫となり、実家にもたまに持って行くようになるのですが、それほど喜ばれません。

20150827_48

逆の立場になって考えると分かるのですが、ナスやピーマンを持って行っても特に嬉しくないんですよね。僕のこだわりを理解してくれてる訳でもないですし。ただの自己満足になっていたなと気付きました。

何を持っていくかが重要だと気付きました。

これはトマトベリーというミニトマトです。形がハート型で見栄えが良く、ここ2~3年作っています。味もそこそこ良いです。

20150827_49

スイカも植えています。適当に作っていたのですが、大玉のスイカが4個実を付けました。この記事の最後の方にまた登場します。

20150827_50

メロンも植えていたのですが、8月に雨の日が続いた時があり、その時に根腐れして2株植えたうちの1つが枯れてしまいました。残りの1株に期待したいところです。

20150827_51

トウモロコシが僕の背丈を超えるほどの大きさに生長しました。晴れた日が続いていたのでグングン育ちます。この写真はツイッターとFacebookのプロフに使っています。

20150827_52

今年はミニトマトを6品種育てて、味比べをしてみました。その結果どれが一番美味しいかが分かったので、来年はその品種を多く栽培しようと思っています。

20150827_53

ミニトマトは息子達も大好きなので、採ってくるとバクバク食べてくれるのでこちらも作り甲斐があります。

20150827_54

あとやはり外せないのはトウモロコシ。知人によると有機肥料で育てた野菜は化学肥料で育てた物よりも甘くなるらしく、ミニトマトやトウモロコシでその違いが顕著に出ます。

20150827_55

実際にスーパーで売ってるミニトマトとトウモロコシをいくつか買ってきて味比べしてみたのですが、確かにスーパーの物は甘みがそれほど出ません。

それを更に検証すべく、来年は畑の一角をあえて化学肥料エリアにして、その違いを確かめてみるのも面白そうだなと思っています。

三男坊はトウモロコシが気に入ったらしく、おかわりしてくれました↓

20150827_56

畑の隣が田んぼということもあり、僕の畑にはカエルがたくさんいます。特にトウモロコシは絶好の隠れ家のようで、葉っぱに乗っていたり、葉っぱの溝にうまく収まっていたりします。

20150827_57

レタスやサラダ菜など葉物の種をたくさんもらったは良いものの、なんか1種類ずつ植えるのが面倒だったのでビンに全部混ぜてばら撒きしました。後でまた登場します。

20150827_59

夏野菜の素揚げは非常に美味です。特にナスはとろっとろで、今までナスはそれほど好きではなかったのに大好きになりました。

20150827_85

大きな変化はこの辺りから起きました。収穫したジャガイモ『インカのめざめ』を友達にあげたところ、「マスのジャガイモうめー!」って言われたんですね。

20150827_61

それで調子に乗ってヤマトの新サービス・宅急便コンパクトに1キロのインカのめざめを詰めて、何人かに送ってみました。

20150827_63

そこでもなかなか良い反応が得られたので「売ってみる?」と自分への問いかけ。そしてツイッターで販売を開始したのが僕にとっての『農業』の始まりであり、『ベジマス』が誕生した瞬間でもあります。

ちなみにインカのめざめは中身が黄色く、栗のようなホクホクした食感が特徴です。もしかしたら有機肥料で作っていることでより旨味が出ているのかもしれません。

20150827_62

ツイッターの後にFacebookに投稿したところ、「欲しい!」と言ってくれた同級生がいて。当初はネットを中心にやっていこうと思っていたのですが、まずは反応の良い地元に力を入れていくことにしました。

市販の野菜を研究してしっかりと包装をし、カゴにたくさんの野菜を詰めて車で持って行ったりしました。

20150827_65

買ってくれるのは同級生の女子達。えっ そんなに買ってくれるの?という時もあり、喜びつつもちゃんとした物を作らなくてはという責任も同時に生まれました。

20150827_67

野菜と引き換えに頂いたお金はまた格別です。今までネットで完結する仕事しかしてこなかったので、現金を扱うのはとても新鮮です。商売感覚を養うのに良い勉強になっているなと感じています。お代とお土産のコーヒー↓

20150827_68

儲かるどころかやればやるほど赤字になるような状態でしたが、楽しいのでまずはそれを引き続きやってみることにしました。

それに本業での利益があったので、多少赤字でも特に気にせず続けることができました。

 

8月

ミニトマトが天にも昇る勢いで育っていきます。

20150827_69

今年は空梅雨で、梅雨明けとともに猛暑となり、そして雨が全く振らない日々が続きました。週間天気予報で1週間晴れマークが続いているのを見ては顔が青ざめていました。ですからちょっとの雨でも嬉しかったのを覚えています。

20150827_70

適当に蒔いたレタスなどがどんどん育ってくれて、最近は葉物が食べ放題になっています。ドレッシングをかけて食べると非常に美味しく、お昼は山盛りのサラダだけのこともよくあります。

20150827_71

暑さと少雨はミニトマトにとっては良い効果をもたらしてくれたようで、非常にあまく、適度に酸味がある最高の状態になりました。

20150827_72

とある集まりでミニトマトを持って10人以上の方に食べて頂いたところ、「美味し~い!」との声を頂き、生産者としての喜びを噛み締めていました。

20150827_74

ちょっと珍しい物だと、食用ホオズキも栽培しています。まだ生長途中なのですが、ミニトマトよりも更に甘くなるのではないかと期待しています。

20150827_75

トウモロコシがたくさん採れた日に、勝手にトウモロコシ祭りと称してLINE@やFacebookで呼びかけ、また同級生に買ってもらいました。

ある同級生は「今まで食べたトウモロコシの中で一番甘かった」と言ってくれました。最高の褒め言葉です。

20150827_77

友達に野菜セットも送ってみました。トウモロコシの糖度が下がるのが懸念としてあったのですが、収穫してすぐにクール便で送ればそれほど糖度が下がらないことも分かり、これも良い勉強になりました。

20150827_78

ある友達は名古屋から盛岡へ行く途中に石巻に寄ってくれて、僕の畑を見てもらったり、その場で生のトウモロコシを食べてもらったりしました。

20150827_81

茹でた方がより甘くなりますが、生は生なりの美味しさがあります。

せっかく石巻に来てもらったので、日和山から被災地を見てもらいました。そこから何か感じ取ってくれたら良いなと期待しつつ。

20150827_82

この夏の傑作の一つはスイカです。とってもサクサクしてて、かつジューシー。常温で食べた時は甘みは微妙な感じでしたが、冷やして食べたらめっちゃ美味い!

20150827_79

子供達も美味しいと言ってくれました。まだ大玉が3個あるのですが、スイカはちょっと売りづらいので、我が家とご近所さんで美味しく頂こうと思っています。

20150827_80

 

おわりに

今年は自分にとってとても変化の大きな年となっています。農作業はやるけど農業はやらない!と心の中で固く誓っていたのに、何故か農業をやる流れになってしまいました。

でも決めていることがあります。それは利益を追求しないということ。また、楽しんでやれる範囲でしかやらないということ。僕は本業のWebサイト運営で食べていければそれで十分なんです。

農業は利益を出そうとすると、途端に苦しくなります。野菜は単価が低いですから、利益を出そうとするとたくさん作らなければいけません。高単価の有機野菜を作るにしても、大量に作る必要があるのは同じです。

作った後も梱包作業や配送・発送作業にとても多くの時間を費やします。従って、たくさん働かなければなりません。

でも僕は一つのことだけをやり続けるのが苦手な人間です。Webサイト運営もしたいし、農作業もしたいし、家事や育児もやりたい。たまにジムにも行きたい。旅行や出張にもちょくちょく行きたい。

しかし本気で農業で稼ごうとすると、そのバランスが崩れてしまいます。だから僕がやってる農業は道楽農業に過ぎませんが、それで良いと思っています。

とりあえず利益は置いといて、自分の好きなように、そして流れに任せてやっています。そこには方向性や目標などといったものはありません。

これからもその時やりたいことをやりたいようにやるだけです。需要が多くなってきたら、もしかしたら人を雇ってより本格的にやることもあるかもしれません。一応その可能性は残しておこうと思っています。

———-

これを書いている8月28日の時点では秋作の真っ最中で、そしてベジマスのロゴを作っている最中で、野菜セット(ベジBOX)を発送する準備をしている最中でもあります。

今は一人でやっているのでそんなにたくさんは発送できません。月に10~20個が限界です。ですが縁のある方には『やさいのたからばこ』をお送りします。

詳しくはまたこのブログかツイッターで告知したいと思います。

 

これが今、僕がやりたいことです。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

→ 【 ツイッター 
→ 【 Facebook 

関連記事

  1. ベジマス(農業)

    2014年の農作業を振り返る。アフィリエイト×農業という一つの半農Styleな生き方。

    農作業は2014年シーズンで7年目となりました。2014年も週に2~3…

  2. ベジマス(農業)

    【ベジマス】野菜セット・無料配布のお知らせ

    お申し込みの前に、いくつか注意点や事前に知っておいて欲しい点などがあり…

  3. ベジマス(農業)

    2014年4月の農作業まとめ。(自然農法)

    この状態からのスタートです。ホトケノザ、ハコベ、オオイヌノフグリなどが…

  4. ベジマス(農業)

    農作業を開始しました。

    アフィリエイトのことばかり書いてきたので急に農作業のことを書くのは少し…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ツイッターやってます

最近の5記事

  1. フレッドアップデートで順位を下げたサイトを公開してみる
  2. 僕の仕事環境・一日のスケジュール・仕事内容
  3. 清廉潔白を目指す人はアフィリエイトで大きく稼ぐのは難しい
  4. 検索1位のサイトの責任・葛藤・決意
  5. アフィリサイトのレビューページでうまくいった5つの施策
PAGE TOP